白湯とは?効果は肌や胃腸に良い?作り方(アーユルヴェーダ式)や効果的な飲み方は?

この記事は3分で読めます

96eefdd819025769ef9e4906b1394e40_s-1

最近、有名人が飲んでいることでも話題になっている白湯(さゆ)。
簡単に言うと、お水を沸騰させて冷ましたものなのですが、それゆえに、「ただのお湯でしょ?」「本当に身体にいいの?」といった疑問をもってしまいますね。

 

飲むとしても、いつ飲むのか、正しい作り方はあるのか、など気になるところです。
白湯のあれこれについて、お伝えします。

Sponsored Links

白湯とは?

白湯(さゆ)とは、いわゆるお湯のことです。
お水を一度沸騰させてから、50度くらいまで冷ましたものになります。
少し熱いかなと感じるくらいの温度ですね。

 

白湯を飲むことは、アーユルヴェーダ(インドの伝統哲学)に関係していて、アーユルヴェーダの、水・風・火の3要素をバランスよく保つことで健康な身体を作る、という考え方に基づいていると言われています。

 

つまり、正しい作り方をした白湯には、水・風・火の3要素が含まれているとされているのですね。

 

085a29d97ca6623dd44873637559da10_s

 

白湯の効果は?肌や胃腸に良い?

では、具体的な白湯の効果はどうなのでしょう。

 

「冷えは万病のもと」と言いますが、現代人は食生活や生活スタイルから、冷えやすい身体になっています。
半身浴や冷えとり靴下など、冷え対策は注目されていますね。

 

冷えと聞くと、手先、足先が冷たくなる冷え性のイメージがあるかもしれませんが、それだけではなく、下半身全体の冷えや内臓の冷えもあるのです。

 

内臓が冷えているのに、冷たい飲み物をとると、さらに冷えてしまいます。
冷えると内臓の機能が低下することが考えられるのですね。

 

そこで白湯。
温かい白湯を飲むことで内臓を温め、内臓の機能が高まると、基礎代謝があがったり、血行が良くなったりします。

 

そうなると、むくみの改善、脂肪の燃焼を促す、免疫力の向上、便秘の改善、肩こりの解消、美肌につながるなど、さまざまな効果が期待できます。

 

白湯を飲んでいる有名人の方が多いのも、うなづけますね。

Sponsored Links

白湯の作り方 アーユルヴェーダ式

白湯は、沸騰させて冷ましたお湯なのですが、どうぜ白湯を飲むのなら、正しい作り方で実践してみましょう。

 

1.やかんに水を入れて、火にかけます。
アーユルヴェーダの観点でいくと、「火」の要素を入れる必要があります。
そのため、電気ポットなどを使うのではなく、火にかけましょう。

 

2.沸騰したら蓋を取って、ぼこぼこと沸いているくらいに火を弱め、換気扇を回します。
ここで、ぼこぼこと湧いている状態を作ることで、「風」の要素を入れることになります。
換気扇を回すのは、どちらでもよいという説もあります。
(私は、どうせなら、と回しています)

 

3.10~15分、その状態をキープします。

 

4.火を止めて、少し熱いかなという温度まで、自然に冷まします。

 

※注意ポイント
一度作った白湯は、再び沸騰させないようにしましょう。
整っていた水、火、風のバランスが、崩れてしまうと言われています。

 

白湯の効果的な飲み方は?

白湯を飲むとして、いつ、どれくらい飲めばいいの?というのも気になるポイントですね。

 

人の身体は、寝ている間に汗をかいたりして、朝には水分が不足しています。
目覚めてすぐ、朝食を食べる前に、白湯を作って飲みましょう。
朝飲むと、血液をサラサラにする効果があるとも言われています。

 

寝る前

身体の中から温めるので、寝つきが悪い人や、不眠症かな?と思うときに良いとされています。
また、白湯は内臓を洗うデトックス効果があるとも言われているのですが、寝ている間にその効果が発揮されると、朝には快便、むくみもない状態になることが期待できます。
昼間も白湯を飲みたいときには、魔法瓶に入れて持ち歩きましょう。

 

飲む量

デトックス効果があるという観点から、飲みすぎるのは良くないとされています。
1日量の目安は、800ml。
コップ1杯が、平均180~200mlなので、だいたい4~5杯分くらいですね。

 

まとめ

私は友人から勧められて、毎朝、白湯を作って飲んでみました。
最初は、「白湯ってまずい」と感じていましたが、1週間くらいで慣れたので、そのまま続けていました。

 

すると、食生活も運動量の少なさも変わっていなかったのですが、2ヶ月で3キロ弱、体重が落ちていました。びっくり。
それだけ余分なものを体内に溜めていたのだとも思いますが。

 

私は必ず正しい作り方をしているわけではなく、時間がないときは、沸騰して数分で火を止めたりもしています。
こだわりすぎてストレスになるよりも、楽しく続けてみることが大切かなと思います。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 153ddc061888ee0c1797d2ff0848a9ef_s
  2. 37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s
  3. 97fcdb97c11e0b34eda6b20c994dd949_s
  4. a18aee940d7508687be804708fc8fc60_s
  5. ThanksNature031
  6. 02f40cb531478466395b35fa3cf59dfb_s