乾燥肌は朝に洗顔しない方がいいの?洗顔の温度は?

この記事は2分で読めます

季節の変わり目や空気が乾燥する時期。
顔の乾燥肌のケアには、洗顔しない方が良いという話も聞きますよね。
実際のところ、その効果はどうなのか。
私自身が実践してみた結果と、リサーチした内容をまとめたので、参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

乾燥肌は朝に洗顔しない方がいい?

リサーチしたところ、乾燥肌だから、朝は洗顔料を使わずに、水でばしゃばしゃと洗い流すだけにしているという人は、多くいました。
その主な理由は次のようになっています。

 

・朝に洗顔料を使って洗顔することで、肌に必要な皮脂を取り除いてしまう
・寝ている間に顔についたほこりなどは、水だけでも洗い流すことができる

 

そもそも「洗顔」は、顔の皮膚や毛穴についた汚れを取り除くのが目的ですよね。
水でばしゃばしゃと洗うだけでは取り除けない場合に、洗顔料を使うのです。

 

乾燥肌の人は、肌の水分や皮脂が少なくなりがちですから、必要以上の洗顔(洗顔料を使う洗顔)をして、汚れやほこりと一緒に、必要な皮脂まで取り除いてしまうのは、避けたいところです。

 

そのため、乾燥肌の場合、朝は洗顔しない、水でばしゃばしゃするだけという人が多くなっています。

 

私は、季節の変わり目や冬になると、口の周りが粉をふいたようになる乾燥肌なのですが、あるとき、つるんとした美肌の友人が「朝は洗顔しない」と言っていたので、すぐに実践してみました。

 

朝は水でばしゃばしゃと洗い、化粧水などのスキンケアをして、化粧をする。

 

昨年の初冬から始めましたが、その冬は例年に比べて、口の周りが乾燥することが、とても少なかったです。
この、「洗顔しない」方法は、私の肌には合っていたようです。

 

ですが、肌質は人それぞれ。
まず、朝は洗顔しない(水でばしゃばしゃと洗うだけ)方法を試してみて、自分の肌に合うかどうかを見極めつつ、自分流を見つけるのがおすすめです。

 

・鼻の皮脂が気になるから、そこだけ洗顔料を使って洗う

 

・水でばしゃばしゃと洗うのではなく、コットンに含ませた化粧水で拭き取るようにする

 

・ベビーソープなどの、超敏感肌用の石けんを使う

 

・寝ている間に汗をかいたときなどは、洗顔料を使って洗う

 

などですね。

 

こうすると決めつけずに、肌の状態をみながら、臨機応変にするのも良いのではないでしょうか。

Sponsored Links

乾燥肌の洗顔 温度はどれくらいがいい?

朝の洗顔を水でばしゃばしゃと洗うだけにする場合、水の温度は、ぬるま湯がおすすめです。
人肌くらいの温度(38℃前後)ですね。

 

冷たい水だと、毛穴がしまるので、汚れが落とせず、毛穴が詰まりやすくなります。

 

逆に、40℃以上の熱いお湯だと、水分が蒸発するのが早いため、乾燥しやすくなると言われています。

 

ぬるま湯だと、毛穴が開くので、余分な皮脂や毛穴の汚れが浮き出て、洗い流せますし、その後の化粧水も、浸透しやすくなります。

 

顔を水でばしゃばしゃと洗うときは、ぬるま湯でしましょう。
毛穴をひきしめたいときは、ぬるま湯で洗い、その後冷たい水で洗うと良いそうですよ。

 

また、ぬるま湯でばしゃばしゃ」というのもポイントです。

 

乾燥している肌は、とても弱い状態ですから、ごしごしとこすると、皮膚が痛んでしまいます。

 

皮膚が痛む=肌の保護機能が低下する=必要な水分や油分を保てなくなる

 

そうしてさらに乾燥しやすい肌になりますので、肌をこすらない、優しい洗顔をしていきましょう。

 

83ebc532668a7b681794a09771c98b12_s

 

まとめ

日本人はきれい好きすぎると言われたりもしますが、必要以上の洗顔は、逆に肌を痛めたり、乾燥させる要因となります。
朝は洗顔料を使わずに、ぬるま湯で洗うだけにする。
乾燥肌の対策として、一度、試してみてはいかがでしょうか。

 

乾燥肌の関連記事
乾燥肌対策にワセリンがおすすめ!顔にも塗れる?使い方は?
乾燥肌の対策 風呂の注意点と温度は?風呂上りのケアは?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事