七五三の母親の着物はどの種類にすると良い?柄や色は?

この記事は2分で読めます

子供の七五三には、せっかくだから、自分も着物を着たいなあと考えたりしますよね。
ですが着物には様々な種類があって、どんな着物なら良いのか不安になってしまうものです。
そこで今回は、七五三で母親が着る着物について、お伝えしていきます。

Sponsored Links

七五三の母親の着物は どの種類にすると良い?

七五三で母親が着物を着る場合、訪問着、付下げ、色無地(一つ紋)のいずれかにするのが、一般的です。
これらは、入学式などの式典でも着られる着物になります。

 

ですが、これらの着物よりも格下にあたる、紋の付いていない色無地や小紋は絶対にダメということではありません。

nbsp;

というのも、七五三は、入学式などの式典ではなく、身内での祝い事ですから、「家族で話し合って、良いと思う着物を選べばいい」という考えもあるからです。

 

家族で写真を撮って、神社にお参りするということであれば、あまり堅苦しく考えすぎなくても良いかもしれませんね。

 

それ以外にも、神社で拝殿などにあがって祈祷を受けられるのであれば、それを「式典」とみなして、訪問着、付下げ、色無地(一つ紋)のいずれかにされるのが良いのではないでしょうか。

Sponsored Links

七五三の母親の着物 柄や色など選ぶときのポイントは?

七五三の母親の着物は、黒や紺などの濃い色合いのものよりも、明るい雰囲気の色を選ぶ人が多いようです。

 

ただ、七五三は子供が主役ですから、どの種類の着物を着るにしても、「子供よりも母親の方が目立っている」という状態にはならないようにしましょう。

 

小紋の中には、柄がカジュアルすぎるものや派手すぎるものもありますから、小紋を着るなら気を付けたいところですね。

 

また、七五三は秋ですから、例えば着物の柄が桜だと、秋に春の着物を着ていることになります。
着物の柄の季節感は、重要なポイントです。

 

主役の子供さんが引き立つように、子供さんの衣装の色や柄に合わせて、母親の着物を選ぶのもおすすめです。

 

cb5108012d0af4a2bb5dc48b51fa0ecb_s

 

まとめ

着物を持っていても、着る機会というのは、なかなかないものだったりしますよね。
そのため、「せっかく着物を持っているのだったら、七五三のときに着ましょう!」という意見も、多くありました。

 

七五三に合わせて、小物や帯を揃えていくという考え方もありますが、式典ではありませんので、あるものを上手に組み合わせながら着物のコーディネートをされると良いのではないでしょうか。

 

子供さんにとっても「綺麗なお母さん」は嬉しいものでしょうし、写真は残るものですから、良い記念になると思います。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事