七五三の母親のスーツ選び ポイントは?入園式を考慮する?色は?

この記事は2分で読めます

子供の成長のお祝い、七五三。
初めての七五三となると、母親である自分はどんな服装で行けばよいのか、常識も気になって悩んでしまいますよね。
そこで今回は、七五三にスーツで行く場合の選ぶポイントや、母親のスーツの色などをリサーチしたので、参考にしてくださいね。

Sponsored Links

七五三の母親のスーツ 選ぶときのポイントは?

まず大前提の考え方として、七五三の主役は子供です。
そして親はその付き添い

 

ですから、子供が「第一礼装」(いわゆる一張羅ですね)、親は「略式礼装」となります。
子供よりも「格下」となる服装にしましょう。

 

父親、母親の服装の「格」が揃っているかもポイントです。
父親は親族の結婚式に出席するときのような正装で、母親は2次会のパーティーに出席するときのようなカジュアルなワンピースでは、格がそろっていないことになります。

 

ちょっと難しく感じられるかもしれませんが、ようするに

・子供より目立たないようにしましょう

・両親の服装は、バランスがとれている組み合わせにしましょう

ということですね。

 

ブラックフォーマルのスーツは、最近では、喪服としてしか使われないようになってきています。
ダメということではありませんが、おそらく、他の七五三のお参りの人たちの中に入ると、浮いている感じがして、気になってしまうでしょう。

 

また、パンツスーツは、「カジュアル」と見られることがありますので、あまりおすすめできません。
スカート+ストッキングを選択しましょう。

 

では、さらに具体的なスーツの選び方について、紹介していきます。

Sponsored Links

七五三の母親のスーツは入園式でも着れるものを

リサーチをしていて多かった意見が、「これから入園式などもありますから、今後も使えるように、スーツを1着購入されるのがおすすめです」というものでした。

 

仕事のときに着るようなスーツではなく、セレモニースーツと呼ばれている部類のスーツですね。

 

スーツを着る機会と言うのは、頻繁にあるものではありませんよね。
何かのイベントのたびに、新しいスーツを用意するのも、たいへんだったりします。

 

ですから、七五三のときだけではなく、入園、入学、卒園、卒業、その他のちょっとした行事にも使えるものを、という視点で、スーツを1着用意するのも良いのではないでしょうか。

 

91a44ce7c698339eccbb40ea6f4c9a87_s

 

七五三の母親のスーツ 何色にする?

スーツの色は、ベージュ、紺、グレーといった色が多く選ばれているようです。

 

七五三での服装として考えるなら、子供の服の色、父親の服の色とのバランスが良い物を選ぶのも、おすすめです。

 

【子供と父親が濃いめの色の服装】

 

母親も濃いめの色の服装だと、写真を撮ったときに、全体的に暗い印象になるでしょうから、明るめのスーツにすると良いでしょう。
紺などの濃いめの色のスーツを着る場合は、パールのネックレスやコサージュ、ブラウスや靴の色などで、明るさを出すのも良いですね。

 

 

【子供が明るい色の服装】

 

父親よりも暗い色にはならないようにして、濃いめの色のスーツにすると良いでしょう。
ベージュのスーツにして、派手になりすぎないようにコサージュは付けず、パールのネックレスのみつける、というのも良いですね。

 

スーツの色で迷ってしまうときは、今後、入園式などで着るかもしれないことも考えて、ベージュを選ぶのがおすすめです。

 

七五三は11月ですから、白やピンクだと入園式にはよくても、七五三では浮いてしまうことも考えられます。
ベージュは、どんな場面でも合わせやすいのが、その良さですね。

 

まとめ

七五三の母親の服装は、「絶対にこれが正しい」もしくは「こうしなければならない」というものは、ありません。
しいて言うなら、写真を撮ったときに、「良い写真だな」と感じるかどうかではないでしょうか。

 

他人の目を気にする必要はないでしょうし、自分たち家族がどうしたいかを大切にしてくださいね。
どうしても服装を決められないときは、主役である子供さんに、「お母さんの服、どっちがいい?」と聞いてみるのもいいかもしれませんね。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事