ハロウィンではかぼちゃをなぜ使う?由来&ジャックランタンとは?

この記事は2分で読めます

ハロウィンといえば、かぼちゃと仮装といったイメージが強いですよね。
でも、なぜかぼちゃをちょっと怖い顔にくりぬくのか、そもそもなぜかぼちゃを使うのか、尋ねられても答えられなかったりします。
そこで今回は、ハロウィンとかぼちゃの由来について、お伝えしていきます。

Sponsored Links

ハロウィンでは かぼちゃをなぜ使うの?

ハロウィンは、ヨーロッパのケルト人の収穫祭が起源とされています。
秋の豊作を願うお祭りですね。

 

ケルト人の習わしでは、11月1日が新しい年の始まりで、10月31日はその前夜となります。
10月31日は収穫祭である同時に、あの世とこの世の境がなくなる日でもあるとされていたそうです。
日本のお盆と似ていますね。

 

そして、死者の霊(善霊)と悪霊がうろつくので、悪霊にいたずらをされないようにと、魔除けの焚火をたいたり、仮面をつけたりしていました。

 

この儀式と、ジャック・オ・ランタンの伝説が混ざったものが、現代のハロウィンと言われています。
(ジャック・オ・ランタンの伝説は、後程、紹介しますね)

 

もともとは、カブをくりぬいて中に火を灯していました。
また、怖い顔にくりぬくのは、悪霊を追い払うためです。

 

ですが、ヨーロッパからアメリカに人々が移住していったときに、カブではなく、かぼちゃが使われるようになりました。
アメリカでは、かぼちゃが多く収穫されていたからだそうです。

 

現在でも、スコットランドでは、カブが使われているとのこと。
日本では、アメリカ式のかぼちゃを使う方法が広まっているのです。

Sponsored Links

ハロウィンのかぼちゃの由来 ジャック オ ランタンの伝説とは?

かぼちゃをくりぬいて、火を灯すのは、ジャック・オ・ランタンの伝説が由来となっています。

 

昔、ジャックという、酒好きでろくでなしの男がいました。

 

あるハロウィンの夜、ジャックは、魂を取りに来た悪魔に遭遇しますが、うまく騙して、10年間はジャックの魂を取らないことを約束させ、追い払います。

 

10年後、再びジャックの前に悪魔が現れますが、またしてもうまく騙し、ジャックの魂を永遠に取らないと約束させて、追い払います。

 

やがてジャックは寿命を迎えてこの世を旅立ちましたが、生きている間の行いが悪かったので、天国には行けませんでした。

 

そこで、地獄へと向かったのですが、そこに例の悪魔がいて、「ジャックの魂を取らないと約束しているから」という理由で、地獄に入れてくれませんでした。

 

天国にも地獄にも行けなくなったジャックは、落ちていたカブをくりぬいた中に、悪魔に頼んでもらった火を入れて灯し、さまよい歩くこととなりました。

 

「このカブをくりぬいて火を灯した」というものが、アメリカで「かぼちゃをくりぬいて火を灯す」になったのです。
「ジャック・オ・ランタン」という言葉は、「ランタン(ちょうちん)のジャック」という意味です。

 

まとめ

日本でも、年々ハロウィンが浸透し、様々なイベントが行われるようになってきていますね。
ハロウィンの由来や、かぼちゃはなぜ使われるのかといったことを、お子様や周りの人に説明してあげながら、ハロウィンを楽しんでくださいね。

 

ハロウィンの関連記事
ハロウィンの飾り付け いつからいつまで?部屋に何を飾る?
ユニバのハロウィンでコスプレは何でもOK?メイクの人気は?いつから開催?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事