五月病の症状と対処法は? 五月を快適に過ごすポイント

この記事は2分で読めます

cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_s

ゴールデンウィークが終わると再開する仕事や学校。
だるい・・・行きたくない・・・やる気がでない・・・そんな声が聞こえてきます。
そして、その状態が進んでいくとなるのが、五月病。
これって五月病なのかな? 自分は病気? もしかしてヤバイ?と、情報がないと心配になることもあると思います。
五月病についてまとめたので、読んでみてくださいね。

Sponsored Links

五月病って何?

ゴールデンウィークが終わった頃からでてくる、やる気が出ない、眠れない、起きられない、だるいなどの症状のことです。
症状は様々で、精神的なものだけではなく、胃痛やめまい、頭痛、動悸など、身体的なものがおこる場合もあります。

 
14ec126219eed53fa16c11d807ed671b_s

 

なぜ五月病になる?

多くの学校や会社が新年度となってスタートする4月は、環境が変わって「よし!頑張るぞ!」と、やる気に溢れる時期ですね。
それと同時に、新しいことに取り組んだり、新しい人間関係の中で過ごすようになったりもします。
新しいことに慣れようと、最初のうちは張り切っているのだけど、なかなか覚えられなかったり、馴染めなかったりすると、そのストレスが溜まっていきます。

 
緊張感があって、気も張っていた4月が終わる頃、ゴールデンウィークに入ります。
ゴールデンウィークでいう長期休暇を過ごしている間に、その緊張が緩むことで、溜まっていたストレスが症状となって現れてくるのが5月です。
頑張り過ぎた反動がでる、といった状態ですね。

 
以前は学生がなるものとされていましたが、最近では社会人(特に新入社員)にも多くみられるようです。
また、完璧主義でまじめな人や、それまでに挫折を経験していない人が、五月病になりやすい傾向があるそうです。

Sponsored Links

五月病かな?と思ったら

まずは気分転換をしましょう。
・好きな音楽を聴く時間をつくる
・おいしいものを食べる
・身体を動かす、運動をする。
・ゆっくりお風呂に入る
・友達と思いや悩みを話す

 
頑張らなければ、しっかりしなければと、心と身体に無理をさせるよりも、少しペースダウンすることが必要です。
リフレッシュと充電をしてからまた走り出せばいいと、自分にゆとりをあげましょう。

 
0b4c70f5ca71b025ffd21d16f3a24197_s

 

五月病に良い食べ物

よく休み、よく食べる。
健康な身体をつくる基本です。
ビタミンとミネラルが豊富な食物を食べて、心身のメンテナンスをしていきましょう。
また、季節の野菜や旬の魚は、新鮮で栄養価も高くなります。
・キャベツ
・さやえんどう
・カツオ
・納豆
・いちご
など、取り入れてみてくださいね。
自分の身体に気を配っているということ自体も、心と身体にも良い作用になっていくと思います。

 
TAI85_jumpbiz20140823105007500

 
五月病になることは、失敗や負けではなく、なまけものでもないと思います。
普段から頑張っているからこそ、その疲労や反動が現れるときがあるのです。
できるなら一人で悩まずに、信頼できる友人や先生、同僚、上司に相談してみてくださいね。
新しい環境に慣れることで、ほとんどの場合は、1~2ヶ月で症状は改善されていくようです。
休む時期と動く時期、そのバランス、コツを掴んでいきましょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 297266a
  2. 081889
  3. edfb996aaa798098e4447b2db7ec57e9_s
  4. 117821
  5. 7838df8ebfccac5f39c3a6505ad4b024_s
  6. 031774