結婚式の招待状 返信の書き方 家族で招待の場合は?欠席者がいるなら?

この記事は2分で読めます

おめでたい、お祝いの場となる結婚式。
招待状が届くと、嬉しいのと同時に、失礼がないようにとマナーが気になりますよね。
結婚する方たちの家族に、マナーに厳しい人がいるかもしれませんし、せっかくのお祝いムードに水を差したくはありませんから、最低限のマナーは心得ておきたいものです。
そこで今回は、結婚式に家族全員を招待する招待状が届いたときの、返信の書き方について、ポイントをお伝えしていきます。

Sponsored Links

結婚式の招待状の返信の書き方 家族で招待された場合は?

結婚式の招待状は、基本的に、家族全員を招待+家族の人数が4名以上の場合、「ご家族ご一同様」という宛名で届きます。
それに対する返信の書き方のポイントは、次のものになります。

 

・氏名欄は、世帯主の名前を書く
・コメント欄に出席する家族全員の名前を書く
・子供は、年齢を書き添える
・一言、お祝いのメッセージを添える

 

結婚式をする側は、この返信を見ながら準備をしていきます。
ですから、準備が進めやすいように書くと良いですね。

 

家族全員の名前を書くことで、座席表の作成や、名前の確認に役立ちます。
また、子供は年齢を書き添えることで、料理の手配の参考になります。

コメント欄の幅に合わせて、バランスよく納まるように書きましょう。
家族の名前は、何行で書いても問題ありません。

 

お祝いのメッセージは、必ず書かなければいけないというものではありません。
ですが、一言添えてあると、嬉しいものですよね。
「おめでとうございます」「当日楽しみにしています」といった短い言葉で良いので、書き添えましょう。

 

★注意ポイント
結婚式の招待状の返信に書くお祝いのメッセージは、 句読点(「、」や「。」)を使わない ようにします。
これは、「祝い事に終止符を打たない」という考えからです。
もし書いてしまったときは、修正ペンで消すと目立ってしまうので、「!」や「♪」などに書き換えるのがおすすめです。

Sponsored Links

結婚式の招待状の返信の書き方 家族内に欠席者がいる場合は?

家族全員を招待する結婚式の招待状をもらったけど、場合によっては、家族内にやむをえず欠席する人がでることもありますよね。
その場合は、コメント欄にその旨を書くようにします。

まず、出席する人の名前(子供は年齢も)を書き、お祝いの言葉、欠席する人とその理由を書きましょう。

 

  • スタンダードな書き方の例

    ご結婚おめでとうございます

    〇〇は仕事のため出席が叶いませんので 2名で出席させていただきます

  •  

  • 好印象だった書き方の例

    ご結婚おめでとうございます

    〇〇は所用で出席できませんが その分も私がお祝いさせていただきます!

 

結婚式をする側に、誰が出席して、誰が欠席なのかを伝えるのが、招待状の返信ですから、分かりやすく書くことを心がけると良いですね。

 

34ab1e2c752ff323f868f8af02f1b15a_s

 

結婚式の招待状の返信の書き方 基本のマナー

結婚式の招待状が個人宛であっても、家族宛てであっても同じ、返信の書き方の基本マナーがあります。
そのポイントも押さえておきましょう。

 

・黒色のペンを使う
・表の宛名の「行」は、二重線で消して「様」と書く。
・ご出席、ご住所、ご芳名の、「ご」や「ご芳」も二重線で消す。
・出席の前後に書き加え、「慶んで出席させていただきます」という文にする。
・ご欠席を二重線で消す。

 

二重線で消す代わりに、文字の上に「寿」と赤いペンで書いて消す方法もありますが、現在は、二重線で消す方法が主流になっています。

 

まとめ

人生の中でも大きなイベントの結婚式。
それだけに、準備なども大変なものです。
結婚式の準備がすすめやすいようにという配慮を心がけ、結婚する方たちをお祝いする心を持って、招待状の返信を書きましょう。

 

結婚式での子供ドレス 白色はOK?マナーやおすすめの色は?
結婚祝いの贈り物を友人に!相場や人気の物は?おすすめは意外なもの

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事