敬老の日のプレゼント 赤ちゃんのときは?いつからするもの?手作りするなら?

この記事は3分で読めます

出産して初めて迎える敬老の日。
「孫ができた=おじいちゃん、おばあちゃんになった」ということだから、両親や、義理の両親に、何かプレゼントした方が良いのかな?と気になりますよね。
かといって、赤ちゃんがプレゼントを選ぶのは無理だし、どうしたらいいのか、迷ってしまうところ。
そこで今回は、敬老の日に赤ちゃんからのプレゼントをしているのか、いつからするのか、贈るなら何がおすすめかなどをリサーチしました。

Sponsored Links

敬老の日のプレゼント 赤ちゃんのときはする?しない?

リサーチしたところ、「敬老の日のプレゼントは、赤ちゃんのときはしない」という人がほとんでした。

 

理由としては
・敬老の日は、孫が、おじいちゃん・おばあちゃんにプレゼントするべきで、赤ちゃんにはプレゼントは選べないから
・赤ちゃんからといっても、用意しているのは嫁(娘)だから、嬉しくない
・孫から「おじいちゃん、おあばちゃん」と言われるのはいいけど、嫁(娘)から言われるのは嫌
といったことが挙げられていました。

 

以前は、60歳の還暦が長生きのお祝いでしたが、最近では、60歳を過ぎてもまだまだ若いと感じる人が多いですよね。
おじいちゃん、おばあちゃんと呼べる年齢が、どんどん上がってきています。
「敬老の日」は、老人を敬う日と書きますから、プレゼントなどをされると、どうしても老人扱いされている印象になるのでしょう。
孫ができたとはいえ、「まだ若い!年寄り扱いしないで!」と思う人は多いようです。

 

赤ちゃん=孫ができたからといって、敬老の日のプレゼントを、すぐに始める必要はないでしょう。

Sponsored Links

敬老の日のプレゼントはいつからするもの?

では、敬老の日のプレゼントをするなら、いつから始めるものなのか。
これについては、
・子供がおじいちゃん、おばあちゃんが分かり、言えるようになってから
・幼稚園に行くようになると、幼稚園で、敬老の日のプレゼントを何か作ったりするようになるから、それから
といった人が多くなっています。

 

・子供が絵を描くようになったら、おじいちゃん、おばあちゃんの似顔絵を書いてプレゼントする
・子供がプレゼントを選べるようになったら、一緒に買いに行って選ばせる

 

あくまで、孫からおじいちゃん、おばあちゃんへ、という考えですね。
おじいちゃん、おばあちゃんは、孫の成長を感じられることが、一番嬉しいようですよ。
083809

 

敬老の日のプレゼント 手作りで赤ちゃんからのものを用意するなら?

そうはいっても、何かをプレゼントしたいという場合のおすすめを紹介します。

 

★赤ちゃんの手形、足型
赤ちゃんからの敬老の日のプレゼントでは、一番おすすめされています。
「赤ちゃんから」という感じもしますし、毎年贈るようにすれば、孫の成長が分かるので、喜ばれています。
ただ、赤ちゃんの手に絵具をつけて、画用紙などに手形を取るのですが、この作業は、赤ちゃんが綺麗に手を開いてくれなかったりして、なかなか大変なようです。

 

1年間の赤ちゃんの写真をまとめたフォトブック
孫の成長を感じられるという点で、フォトブックも好評です。
フォトブックまでにしなくとも、画用紙に写真を切り貼りして作るのも、良いのではないでしょうか。

 

孫の写真のストラップ
手作りではないですか、写真付きのストラップもおすすめです。

 

 

携帯やバッグ、財布などに付けて持ち歩けますし、かわいい孫の写真がふと目に入ると、気持ちも和むものです。
私の周りでも、孫の写真付きストラップを持っている人は、多いです。
嬉しそうに、「自慢の孫」を見せてくれたことが、何度もあります。

 

まとめ

いつまでも若々しいひとが増えていっている、高齢化社会の現代。
「敬老の日」というのは、色んな意味で気を使いますよね。
シンプルに
・孫がおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントする
・孫が自分でプレゼントを用意できるようになってからでOK
という考えで、それまでは、敬老の日やその前後に、みんなで集まって食事をするといった形で良いのではないでしょうか。

 

敬老の日の関連記事

敬老の日のプレゼント 老人ホームでの人気商品は?花はおすすめ?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事