お月見の由来を簡単に説明!団子やすすきの意味は?十五夜はいつ?

この記事は2分で読めます

日本には四季折々の風習や行事がありますよね。
9月といえば十五夜のお月見。
月見団子をお供えして、月を眺め、食べる、という風習ですね。

 

でも、いざやろうとすると、詳しく知らないことがたくさん・・・
そこで、お月見の由来や団子の意味、いつするのかなどをリサーチしました。
せっかくやるならその由来などを知って、家族とも話しながら、お月見を楽しみましょう。

Sponsored Links

お月見の由来を簡単に説明すると

お月見について簡単に説明すると

 

・月に感謝をする
・農作物の豊作の祈願と、収穫の感謝をする
・月を眺め、愛でる習慣
これらが合わさったものとされています。

 

では、その詳細についてもお伝えしていきます。

    • 月に感謝をする農作物の収穫をするときには、夜遅くまでかかることがあります。
      電気がなかったような時代には、月明かりは、農作業の大きな助けとなっていたのですね。
      そのため、月に感謝を捧げたのだそうです。

 

    • 農作物の豊作の祈願と、収穫の感謝をする秋は、様々な農作物の収穫の時期です。
      お米もその中の1つですが、昔の日本人にとっては、お米の出来・不出来は、とても重要なことでした。

       

      私の住んでいる地域では、田植えの作業が終わったら、お祝いとしてごちそうを食べる風習もあるほどです。
      そのため、お米を含めた農作物の豊作を祈願し、無事に収穫が終わったものは感謝を捧げる、その儀式がお月見という風習に繋がっていると言われています。

 

  • 月を眺め、愛でる習慣古来から、日本人は、月を眺めて楽しむ習慣がありました。
    和歌などに「月」がよく詠まれていることからも分かりますね。
    秋の月は、1年の中で最も美しいとも言われていたようで、それがお月見に繋がっているとも考えられています。

Sponsored Links

お月見の団子やすすきの由来とは?

では、お月見にお団子やすすきなどを飾るのはなぜでしょうか。

    • 団子月を信仰の対承として、豊作の祈願と収穫の感謝をするので、お米を使って月に似せた団子を作って、お供えするようになったと言われています。

       

      また、秋には里芋が収穫されますが、十五夜のお月見にはこの里芋をお供えする風習もあります。
      最近では、お団子だけの場合が多いようですが、地域によっては、お団子を里芋に似せた形にしているところもあるようです。

 

  • すすきと萩お月見では、団子と一緒に、すすきと萩を飾りますね。
    すすきは、稲穂に似ていることから、お米の豊作を願って飾られます。
    地域によっては、すすきではなく稲穂を飾るところもあります。

     

    萩は、神様の箸の意味合いがあるそうです。
    神様が萩を使って団子を食べる・・・ということでしょう。

     

    また、すすきも萩も、邪気を避けるとも言われていますので、団子と一緒に飾るものとして使われるようになりました。

a1750_000034

 

お月見の十五夜はいつ?

十五夜のお月見は、毎年、旧暦の8月15日になります。
この日を「十五夜」と言うのです。

 

今の暦でいうと9月中旬~10月初頭ですね。
旧暦の日付で決まるため、今の暦だと日にちは毎年変わることになります。
また、この十五夜の日に見られる月が、「中秋の名月」です。

 

まとめ

今では「お月見」は、季節を感じながら月を眺めて、お団子を食べることという印象が強いですよね。
昔に比べると農業をする人は減っているためなのでしょう。

 

今年のお月見は、農業をしていなくとも、日々食べているお米や野菜の豊作を願い、それを作ってくれている農家さんに感謝を捧げながらすると、また違ったお月見の良さが感じられるのではないでしょうか。

 

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事